シェルティー専門ブリーダー Merryjoy Shetland Sheepdog

Ownner's Blog

  • シェルティー生まれています。

  • 謹賀新年

    あけましておめでとうございます

    皆様のご健康とご活躍を心からお祈りいたします。

    本年もMerry Joyをよろしくお願いします。

  • 2013 ASSA National 最終回

    今年のBOBのジャッジはシェルティー界の重鎮、マジョリー女史!

    2月の神奈川インターの時は、AKCの1日の審査のリミットを遥かに超える294頭。。。
    さすがのマジョリー女史も、この時ばかりは大変お疲れで、お気の毒でした。
    ナショナルBOB戦にはお気に入りの赤のジャケットで、元気に審査をしていたので安心しました。

    全体を見た印象は、スッキリスマートな頭部を重視する傾向か、アウトラインはいいが、
    実際走ると歩様に関しては。。。な犬も多かった感じです。

    グルーミングも犬舎によって作り方が違うので、パドックをあちこち見学し、大変勉強になりました。
    自分が気に入った某犬舎。今回はジャッジのタイプに合わず、なかなか最終カットまで残りませんでしたが
    今後、交配候補として注目してじっくり見させていただきました。

     

    ショーのあとは、会場の本部席もお酒がたくさん用意してあり、各パドックも犬の話をしながらワインパーティー!
    我々は、Steveのところにお世話になり、毎晩ご覧の通り豪華に肉にく酒サケの毎日でした。
    付け合わせにイモだけでも結構なボリュームです。

    今回、初ナショナルでしたが何もかも日本とはスケールが違い、しもかも皆さんフレンドリー。
    日本からはケンチェリーさんとメリージョイだけでしたが、韓国、中国とたくさん姿を拝見したので、
    数年後にはアジア産のシェルティーがたくさん参戦しそうな感じを受けました。

    最後に、自分の英語力の無さに、つくづくもどかしい思いをしましたが、Face to Faceの重要性も感じた1週間でした!
    来年はハンドリングするぞーーーーー おしまい。  byジョリー


     

  • 2013 ASSA National その3

    本日、今月支払い分のケイタイ料金の請求が、とうとう来ました。。。
    ヒヤヒヤ物でしたが、例月通りの8800円くらいで一安心!
    これでゆっくり寝れます(笑)

    さあ、あらためて本題のナショナルのお話です。

    今回ナショナル初体験! 沢山の本場のシェルティーを見れるし
    画像でしか見た事の無い有名ブリーダー、ハンドラーにもあえるし
    会場に着く前からワクワク物でしたhappy01

    この広大な公園の先に、ナショナルの会場がありました。
    アメリカの芝生は気候や太陽光線のせいか、芝生の種類が違うのか
    とっても鮮やかに目に映ります。

    こんな奇麗な緑の中で、我が家のシェルティー達も写真を撮ってみたいな〜
    とつくづく思いました。きっとアメリカっぽく撮れそうな気がするする。

    はじめての会場入り、目にはじめに飛び込んで来たのはたくさんのパドックに
    たくさんのシェル達。サークルの中はどこもおがくずを敷いていました。


    それぞれのブリーダーのパドックもオシェレにデコしていて、自慢のシェルのアルバムや
    ペディグリーのプリント、キャンディーなど置いてあって おしゃれ〜〜な感じ。

    それよりなにより皆さんフレンドリーで、すれ違う時はにこやかに挨拶するし
    ナショナルなのに勝負でギスギス感がなく、みんなで楽しんでいる感じが伝わってきました!!!

    この感じ日本じゃ無いなーーー。
     

    この日は、フチュリティーの審査でした。
    Bestは首の長いトライの子。
    ご覧の通り、緊張の中にもみんなで楽しんでいる雰囲気が伝わってきますよね。

    来年は、自分もこのリングに立ちないなーと思った瞬間でしたscissors

  • 2013 ASSA National その2

     平塚→東海道線→成田→ポートランド空港とここまで順調。  


    ポートランド空港から今回のナショナルの会場がある
    アルバニー行きのシャトルバスに、なんとか無事乗り込完了。

    バスの乗客は、メリージョイと韓国チームの他は5、6人
    アルバニー方面は観光地ではないらしく、ほとんど地元の人たちらしい。

    バスの座席にも余裕があったので、到着までに1時間半を
    まったりのんびりを決め込み、ウトウト車窓の外を眺めていました。

    飛行機の疲れも相まって、半熟睡状態。あっという間に目的地につき
    手荷物を確認しつつ下車。

    バスの運転手さんに「我々の泊まるホテルは何処?」と確認。

       それが、のちのち良かったーーーーー。

    下車したバス停から道を隔てた反対側のホテルへ徒歩で8分ほど。
    韓国チームはお隣の宿なのでここでいったんお別れし
    我々が予約したベストウエスタンへ到着!

    早速、チェックインし部屋でひと休憩。

    ところが

      あーーーーーやっちゃったーーー

      あーーーーーケイタイが無いないナイ。 どう探しても無い。

      あーーーーーバスの中においてぼりだーーーー

      あーーーーー探し出せるまでの英語力ないし。。。とほほ

    アメリカまで来て、早速ケイタイ無くすなんて(最低)

    仕方が無いので、今回遠征の為に持って来たipadでケイタイのデータを
    遠隔操作で消去。とりあえず、ここまでしとけばと(でも落ち込む)

    そんなこんなで、部屋からフロンとへ降りて行ってところ

    フロントのお姉さんが
     『あなたケイタイ無くしていない?』
     『いま、バスの運転手さんが電話して来てくれたわよ』

     『あと40分くらいでここまで届けにくるって』

      あーーーーあの時、ベストウエスタンの場所、運転手さんに確認して良かった〜。

      あーーーーアメリカって日本より安全だ〜。

      あーーーーなんて、みんな親切なんだ〜〜(涙)

     

    奇跡的に、無くしてから1時間以内に、手元にケイタイが戻ってきました!!!!!

    データーも無事普及でき。感謝感激^^/ と

    天然ボケ全開の、私めでありました。

    【後日談】
    亀井さんの英語の先生によると・・・
    海外でケイタイ絡みでデータの通信料金がバカにかかる時があるんだって。
    Wi-Fi使わないでデータの復旧をしたり何かすると何十万だって。。。

    もしかして(いまから来月の請求がひやひやものです)
     

     

        その2 おしまし。

    写真が無いので、デルタ機内食とアメリカ上陸後初の食事を貼っておきます。